Q&A

よくあるご質問

よくあるご質問

Q&A

がん腫瘍化前検査編

  • がん体質について

    がん腫瘍化前検査では、すでにがんがあるかどうかを判別します。
    がん細胞は、健康な人間の身体でも、1日に約5,000個発生し、そのつど免疫細胞によって攻撃が行われ、死滅します。
    がんになりやすい体質かどうかを判別するものではありません。

  • 検査の頻度について

    おおむね半年に1回の検査をおすすめしています。
    がんには進行が早いタイプのものがあり、たとえ1年に1回検査を受けていたとしても、進行がんが見つかるケースも起こりえます。
    早期発見で得られるメリットは大きいため、半年に1回のサイクルがベストだと考えます。

  • 陽性反応について

    がん腫瘍化前治療をおすすめします。

がん腫瘍化前治療編

  • 効果の現れについて

    がん腫瘍化前治療は、細胞が腫瘍化する原因である遺伝子異常を消滅させることを目指した治療です。
    遺伝子治療は結果が現れるまで2〜3週間です。
    ヒト自己活性化NK細胞によるがん免疫細胞療法は、結果が現れるまで1〜2ヶ月かかることがあります。

  • 副作用について

    おおむね半年に1回の検査をおすすめしています。
    がんには進行が早いタイプのものがあり、たとえ1年に1回検査を受けていたとしても、進行がんが見つかるケースも起こりえます。
    早期発見で得られるメリットは大きいため、半年に1回のサイクルがベストだと考えます。

  • がん罹患について

    「NHC 式がん予防」は、予防措置として将来病気にかかる可能性を下げるために行う療法です。
    当クリニックは病気になる前からNK細胞を使った免疫療法をご提供しています。
    がんに罹患している方には、「NHC式 がん治療」のご案内をいたします。
    また、提携医療機関のご紹介もいたします。

  • 入院について

    入院の必要はありません。
    短時間の外来点滴のみで治療可能ですので、日帰り治療を行っています。
    遠方からお越しになる方は、お手数ですが近隣のホテルなどに宿泊の上、ご来院ください。